2013年12月23日

歯磨き上手かな??

こんにちは、衛生士の帆保です

今年も残りわずかとなりましたexclamation
年末年始はおいしいものをたくさん食べる機会も多いかと思いますレストラン


今日は小児の歯磨きの仕方についてお話します手(チョキ)


まず、歯磨きする前に鏡でお口の中を見てみましょうぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
汚れがたまっているところはありませんか??


確認したら歯磨き開始ですexclamation×2

磨き方のポイントとしては・・・
磨きたい部分にブラシを歯に対して直角に当てて
軽いタッチで磨くと落ちにくい汚れも簡単に落とすことができますグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)


奥歯を磨くときは歯ブラシを奥歯に入れてから噛んで「イー」してもらうと歯磨きしやすいですよ

また、お子様がきちんと歯磨きできるようになるまで
保護者の方の磨き残しのチェックと虫歯確認を兼ねた仕上げ磨きが必要です。


声かけしながらや磨く順番を決めたりするとスムーズにできたりしますよ


小児.jpeg


そしてプロからのチェックも必要になってきますので、
3か月に1回、半年に1回は虫歯のチェックとフッ素塗布の定期検診にお越しください

一緒にお子様の歯を守りましょうパンチ
posted by 川口診療所 at 08:34| 豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月04日

さよなら口内炎!

こんにちは! 
口内炎に詳しい歯科医師の角園です。

今回は、口内炎で苦しんでいる方にはぜひ見ていただきたい内容です!

口内炎って、できると痛くてつらいですよね。
この痛みは、できた人にしかわからない!ふらふら
私自身も昔はよくできて、痛い思いをしていました。
最近でも時々できますが、今回お話しする方法を行うようになってからは、痛い思いをせず、早く治るようになりました。わーい(嬉しい顔)

それではまず、口内炎のできかたを見ていきましょう。
通常、口の中には数十億の細菌がいるといわれてます。
口の中に傷ができたり、疲労やストレスで新陳代謝が低下して、粘膜の表面が荒れますと細菌が繁殖します。
そこで炎症を起こし、口内炎になります。

つまり、まずは細菌の数を減らせばいいのです!    
⇨殺菌成分入りのうがい薬や洗口液でうがいをする
(当院では、コンクールFをおすすめしてます)
51m0+iWz60L__SL500_AA300_.jpg

その上で、原因に応じた治療を行えば、痛みを和らげ、早く治ります。
このうがいは、口内炎の予防にもなりますので、できやすい方はぜひ試してみて下さい。

口内炎でお困りの方は、一度、ご相談にいらしてください。

※ステロイド剤(塗り薬)の効果は、細菌を殺すことではない!
傷や潰瘍で細菌が繁殖すると、白血球など免疫細胞が戦いを始めます。この戦いで組織が破壊されることが炎症、すなわち痛みとなります。
ステロイド剤は、免疫細胞の働きを抑制し痛みを和らげます。つまり、原因をなくすのではなく、症状を緩和させる、対症療法です。そのため、使い方によっては長引くこともあります。
歯科医師の診断の上で、正しく使用して下さい。
posted by 川口診療所 at 13:09| 豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月19日

かみしめ注意!



こんにちは 歯科医師の菅野です。

突然ですが、みなさんは次のような経験はないでしょうか?

朝起きた時に、なんとなくアゴが疲れている
仕事(デスクワークや力仕事)の際に、舌や頬に違和感があったり、頭痛がする

その原因の一つとして考えられるものに「歯の噛みしめ(かみしめ)」がありますexclamation


「噛みしめ」には種類があります。
@グライディング=歯ぎしり:上下の歯を左右にすり合わせること
音がするため周囲の人に指摘してもらえる
Aクレンチング =食いしばり:上下の歯でギュ〜っと噛みしめること
          音はしないため気づきにくい

また睡眠ブラキシズムと日中ブラキシズムという時間帯での分類もあります

冒頭で述べたように
緊張している時、勉強や仕事・テレビやパソコンに夢中になっている時、車やバイクの運転中など、気にしてみると、奥歯でギュ〜っと噛みしめていたり、舌を吸いつけていたりするかもしれませんexclamation×2

これは日中ブラキシズムのクレンチングに分類されますねペン

ふと、今はどうですか??

人は普段、ボ〜っとリラックス出来ている時は、上下の歯の接触は無く、2〜3o程度の隙間があります。
今、上下の歯が接触しているようであれば、日頃から無意識に「噛みしめ」を行っている可能性があります

噛みしめを少なくするためには

起きている時は、
セルフコントロール(自己暗示)が大切です。
ふと目につく所に印をつけて、それが目に入ったら「噛みしめ」ていないか自分で意識をしてリラックスして下さい ぴかぴか(新しい)

就寝時に行う噛みしめは、自分では止めることはできないので、歯や周りの組織を守るために、
「ナイトガード」や「スプリント」と呼ばれるマウスピースを装着することがお勧めです ひらめき

僕も毎日使うようにしていますわーい(嬉しい顔)
posted by 川口診療所 at 08:20| 豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする